イベントの景品といえばディズニーペアチケット!

結婚式の二次会やクリスマス会など盛上りが必要なイベントがたくさんあります。幹事さんが頭を悩ませるもののひとつにビンゴ等のゲームの景品が上がるのではないでしょうか。予算もありますし、ブランドものだと好みの問題やセンスが問われるようで難しいですよね。そんな時にはディズニーペアチケットを景品に入れることをお薦めします!ディズニーランドもディズニーシーも、入園料が大人一人7000円を越えていますから近場に住んでいる人にとっても結構特別感が出ます。ある程度の人数が集まれば、ディズニー好きの一人や二人は必ずいるので、景品にディズニーペアチケットがあれば盛り上げてくれること間違いなしです。
本人自身はディズニーファンでなくとも、お子さんや兄弟がファンの事も多く、デートに限らず家族旅行でも喜ばれるアイテムです。最近は一人ディズニーというのも流行していますので、パートナーがいなくても一人でインパするのに使う方にとっても嬉しいですね。さらにディズニーリゾートでは手続きを踏めばマルチデーパスポートにグレードアップも出来るので、宿泊が必要な距離に住んでいる人にとっても経済的に強力な味方になります。たとえ行く機会がなくとも他の人へのプレゼントとしても使い回しが出来るのも魅力です。このように様々な理由からディズニーペアチケットはもらって嬉しい景品だと言えます。

景品でディズニーのチケットを準備する時の注意は?

さまざまなイベントの景品として、目玉商品として多いのがディズニーペアチケットです。結婚式の二次会、忘新年会のビンゴやじゃんけん大会の景品などで準備されるものの、幹事は景品として準備する時には注意が必要です。そもそも、ディズニーではベアチャットは販売されていません。入場券を2枚準備することになりますが、有効期間が1年間となるチケットはオープンチケットとなります。
このチケットは、購入者が利用することが条件となっており、他人へ譲渡することが禁止されています。つまり、景品として準備し、当選者に渡し購入者本人でないと発覚した際には無効となってしまいます。結果、紙くず同然となり、景品として貰った人もガッカリすることになります。そこで、ディズニーペアチケットとして準備する際には、ギフトチケットとして準備することが重要です。
景品として提供するサービスは多く、これらはギフトチケットになります。当選者は、引換券を受け取り、自分自身でチケットを受け取ることになり、譲渡行為には該当しません。目玉商品として準備するため、金券ショップやネットで安価にディズニーペアチケットとして2枚のチケットを手に入れるのではなく、先ずは間違いなく入場出来るものを準備するのが幹事の心得となります。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加